糖尿病の症状と有効な治療法をわかりやすく解説

糖尿病の症状と有効な治療法をわかりやすく解説

糖尿病について知っておく

初期症状はわかりにくいと言われていて身体の変化に病状が進むまで気が付かない場合もあるようです。 症状の現れ方も人それぞれなのかもしれませんが、多く聞かれるのは異様に喉が渇くようになるのが初期症状だそうです。 水分を摂ったのに直ぐに喉が渇くのが続くようなら注意が必要かもしれません。

糖尿病の症状

糖尿病は自覚症状がほとんどなかったり、進行もゆっくりな場合が多いです。

その為、代表的な初期症状が現れで、喉の渇くようになった、トイレが異様に近くなった、疲れやすくなった、目がかすむと感じても日常生活にそれほど影響がない場合が多いので、この段階では気が付かなかったり重く考えず病院に行く人は少ないそうです。

どんな病気でも共通しますが、早期発見と早期治療により症状の進行を抑えたり遅くすることが出来ます。
特に糖尿病は自己管理も病状に影響を与えますから、病気について正しい知識と予防について知っておく必要があるのです。

糖尿病には1型と2型があります。
最も一般的な糖尿病として知られているのが2型です。
遺伝の影響も大きいと言われていて、家族に糖尿病の患者がいる人はその時点で発症リスクを持っているという事になります。
1型の方は患者数は2型の10分の1程度と言われており、全患者の中でも少ない印象です。
もともとの体質とウイルス感染などが原因で、過剰になった免疫反応が膵臓の機能の一部を破壊してしまう事でインスリンが分泌されなくなってしまうのが原因ではないかと言われています。

1型と2型までは発症までのメカニズムや症状や進行状態によっても治療は変わりますが、どちらの型であっても自分が自分の身体にどう向き合うか何ができるかを知ることがキーワードになっています。
健康は日々の生活から。病気と上手に付き合う事も大切ですね。

おすすめリンク

どんな治療があるか

病院で糖尿病と診断されたら何らかの治療を開始することになります。 初期症状の場合は飲み薬と食事療法と運動療法になるでしょう。 体質や他の病気などに合わせて薬の種類は複数あります。 効果が感じられなかったり症状が進行してしまうと注射によってインスリンを補う事になります。

自己管理方法

自分の病気を軽く見すぎたり人任せにしないのは糖尿病の治療をするにあたり重要なポイントです。 周りの人がいくら注意をしても、お酒ぐらい好きに飲んでも大丈夫など自分勝手な判断をして飲み続けるのは症状を悪化させる危険が高まります。 悪化させると怖い病気なので甘く考えず自己管理に力を入れることをおすすめします。