糖尿病の症状と有効な治療法をわかりやすく解説

>

糖尿病について知っておく

1型糖尿病の初期症状

1型糖尿病の発症の原因がはっきりとはわかっていないという事と、症状はは突然現れることがほとんどだと言われています。

なぜ突然起こるのか、考えられる理由としてじゃウイルスの感染が多いとは言われていますが断定はできてはいません。
何らかの要因が引き金となって膵臓の働きに影響を与えてしまいインスリンが分泌されなくなるそうです。
インスリンが分泌されなくなると血糖値を正常に保つことが出来なくなるので高血糖になってしまい、それが原因で糖尿病になってしまうのです。

身体の中で起きている事なので目で確認することは難しいですが普段より余計に喉が渇いたり、トイレが近くなったり、急激な体重の減少、ひどい疲労感などの自覚症状が代表的な症状です。

2型糖尿病の初期症状

糖尿病は肥満がちだったり、甘い食べ物を好んで食べたり飲酒が習慣になって糖分を過剰に摂取している事が原因だと思われがちです。
確かに発症リスクは高いですが、該当しないからと言って安心はできません。

糖尿病は遺伝による影響も強いと言われています。
また、40歳以降に発症しやすいので中年以降でかかる病気のイメージです10代でもかかりますし若い糖尿病患者も増えてきているそうです。

皮膚が乾燥しやすくなった、疲れやすくなった、手足の感覚が鈍くなった、針でチクチク刺されるような違和感がある、感染症にかかりやすくなった、傷が治りにくくなった、すぐお腹が空いたり喉が渇くようになったなどは2型糖尿病の初期症状と言われています。