糖尿病の症状と有効な治療法をわかりやすく解説

>

どんな治療があるか

1型糖尿病の治療は

何らかの理由で突然インスリンを産生できなくなってしまうと高血糖が続き、早急に治療を開始しなければ生命を危険にさらしてしまう恐れもあります。
インスリンを補う為に注射をすることになります。

インスリンの注射はインフルエンザなどの予防接種とは違っていて皮下注射という特殊な打ち方をします。
皮膚と筋肉の間に打つので針も短めで腹部や二の腕や太ももなど柔らかい場所に行うのが良いと言われています。

症状や進行状態によって変わりますが1日のうち1回から4回接種する必要があるので自分で打てるようにならなければなりません。

回数を自己判断で減らしてしまうと合併症を起こす危険もあるので注射は嫌なものですが医師の判断に従わないと危険です。

2型糖尿病の治療は

2型の糖尿病の場合はインスリンは分泌されてはいるものの働きが低下していたり、分泌量が少なくなって機能していないのが原因です。

生活習慣病の1つとも言われている2型糖尿病は、糖尿病になってしまった生活習慣を見直す為にも食事の見直しや運動不足を解消するなどの治療とインスリン数値を安定する為に薬を飲む事からスタートします。
薬の種類は複数あるので症状に合うものを処方し、重度の場合は2型糖尿病でも注射を打つ場合もあります。

傷を作ってしまったり日焼けをして肌にダメージを受けると治りにくくなり、膿みやすくもなるので注意が必要です。
保護クリームを小まめに塗ったり、怪我を予防する為に長袖や手袋をするなど工夫したり、刺激の少ない石鹸で洗うなど皮膚への負担は極力減らしたいですね。