糖尿病の症状と有効な治療法をわかりやすく解説

>

自己管理方法

有効な食事療法は

糖尿病は医師の力も重要ではありますが、あくまでサポートです。
発症してしまうと完治はすることはないとは言われていますが、自己管理をすることで血糖値をできるだけ正常値におさえる事は可能です。

食事は一日3回毎日の事ですから、極端に無理することは無くても見直す事で血糖値の上昇を抑える事ができます。
食事の量を減らすだけでなく、減らした方が良い食べ物、反対に積極的に摂る事で血糖値を抑える事ができる食べ物もあります。
今まで外食が多い生活だったりすると、大豆製品や海藻類、乳製品などは食べる機会が少ないかもしれませんが血糖値を下げる食物繊維が多く含まれています。

糖尿病は合併症を患っている場合があるのでその影響も考え、食事療法は医師に相談してから進める事をおすすめします。

有効な運動療法は

適度な運動をすることは糖尿病の治療効果だけでなく健康的に年を重ねると言う目的においても重要な役割があります。

なぜ糖尿病にも適度な運動が有効なのかを説明すると、有酸素運動をすることにより筋肉への血流に勢いが出ます。
そうなる事で、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれるようになり、インスリンが活性化し、そのことで血糖値を下げてくれるそうです。

ハードな運動や自分で無理を感じる運動は運動療法には不向きです。
継続することが大事なので自分が楽しく好きだと感じられる物を選ぶと良いでしょう。

じっくり筋肉を動かすような筋トレや、軽いジョギング、ウォーキング、水泳、ヨガや太極拳などの全身運動などがおすすめです。
血糖値が高りやすい食後は避け、出来れば毎日、少なくても週3日が推奨されています。